岡山 新型コロナ 岡山県内で4人感染確認 のべ7568人に ( 宣言終了翌日の21日から7月20日までを「リバウンド防止強化期間」 ) マスクなし 増加 傾向!
岡山 コロナ推移0617
岡山 感染者0517
岡山 コロナ分析ss0617




(6月末まで飲食店などの営業時間を午後9時まで、酒類の提供は、午後8時までにするよう要請)

 新型コロナウイルスは17日、県内で4人の感染が発表されました。
1日の感染者の発表が10人を下回るのは5日連続で、亡くなった人の発表はありませんでした。
新たに感染が確認されたのは、倉敷市と早島町で、それぞれ2人のあわせて4人です。
このうち倉敷市の70代の男性が中等症だということです。
年代別では10代、40代、70代、80代がそれぞれ1人となっています。
1日の感染者の発表が、10人を下回るのは5日連続で、県内での感染確認はのべ7568人となりました。
亡くなった人の発表はありませんでした。

県内のワクチン接種状況です。
県のまとめによりますと、医療従事者は16日までの集計で、2回目の接種を受けた人が7万2000人あまりで、接種率が86.8パーセントとなりました。
高齢者は15日までの集計で、1回目が28万6000人あまり、2回目が前日より1万人多い6万2000人あまりで、接種率は1回目が50.5パーセント、2回目が11パーセントとなっています。

////

緊急事態宣言解除へ 知事“大変適切な判断”

岡山県に出されている緊急事態宣言が、今月20日で解除され、まん延防止等重点措置にも移行しないことについて、伊原木知事は「大変適切な判断を頂いたものと考えている」と述べました。

伊原木知事は、17日午後に記者団の取材に答えました。
そのなかで「大変適切な判断を頂いたものと考えている」と述べたうえで、現在の県内の感染状況について「病床使用率などは下がっているが、まだ完全に収束しているわけではなく、リバウンドに警戒しなければいけない状況にある」と述べました。
その上で、宣言解除後の21日以降の県の要請について「今の状態が続くことはないが、急に制限をなくせば感染の再拡大のリスクが高いため、一切の制限がなくなるというのも考えられない。近隣の大阪や兵庫県、広島県がどういった対策を取りそうなのかを考慮に入れながら検討し、17日夜の本部会議で正式に決めたい」と述べ、詳細については明言を避けました。
岡山県は、17日午後7時から対策本部会議を開き、宣言解除後の県の方針を決めることにしています。
////

岡山 リバウンド防止強化期間として県独自対策 宣言20日解除を受け対策本部会議

6月20日で緊急事態宣言が解除される岡山県は、解除後の1カ月間をリバウンド防止強化期間として独自の対策を発表しました。

主なものでは、岡山市を重点強化区域として、6月末まで飲食店などの営業時間を午後9時まで、酒類の提供は、午後8時までにするよう要請します。

要請に応じた店舗には協力金が支払われます。


////
////

期待感…制約などへの不安…様々 緊急事態宣言解除を受け 街の声・飲食店の反応 【岡山】
岡山 5つの岡山ルール

岡山県では6月20日での緊急事態宣言の解除が決まりました。まちの声を取材しました。

(40代会社員)
「待ちに待ったって感じ。みんなストレスがたまってるので爆発寸前。」

(40代事務職)
「解除されて人が出て(感染者が)増えるのかと心配外食はしたい。」

(30代フリーター)
「あまり関係ないのでは出歩くひとは出歩いているし。」

(20代学生)
「学校帰りでご飯を食べていたが小規模な感じでなく夜もっと飲み会で遊べるようになるのはうれしい。」

(藁焼き鰹たたき明神丸岡山本町店 畠山篤史営業本部岡山ブロック長)
「居酒屋というのは人と人がお酒を飲みながら語り合う場所。また活気ある店内が戻ってくるのはワクワク感しかない。」

岡山市中心部の繁華街にある居酒屋、藁焼き鰹たたき明神丸です。緊急事態宣言の期間中は、弁当などテイクアウトの商品を充実させなんとか営業を続けてきました。

6月20日での宣言解除が決まり、期待感を示す一方、酒類の提供や営業時間の制約が続くのではという不安があり手放しには喜べないといいます。

(藁焼き鰹たたき明神丸岡山本町店 畠山篤史営業本部岡山ブロック長)
「居酒屋需要となるので酒類提供なしや時間帯も7時くらいからピークになるので(制限があれば)厳しさはあるお客にも理解してもらい慌てずに営業していきたい。」

////
岡山 マスクコード

//// 
岡山 リバウンド防止強化期間として県独自対策 宣言20日解除を受け対策本部会議
岡山 リバウンド週間 ss

6月20日で緊急事態宣言が解除される岡山県は、解除後の1カ月間をリバウンド防止強化期間として独自の対策を発表しました。

主なものでは、岡山市を重点強化区域として、6月末まで飲食店などの営業時間を午後9時まで、酒類の提供は、午後8時までにするよう要請します。

要請に応じた店舗には協力金が支払われます。


////