岡山 全国的にも珍しい岡山の「仕組み」…ワクチン1回目接種、高齢者50%超に1か月で急伸 ( 岡山市 高齢者2人は、7月中旬(1回目)と8月上旬(2回目)と予約のまま  8月終了か?) 


  新型コロナウイルスのワクチン接種で、岡山県の65歳以上の高齢者に対する1回目の接種率が50%を超えた。全国では他に佐賀、鳥取の2県が50%超だが、岡山県は5月以降に急伸しているのが特徴だ。市町村の枠組みを超えて接種できる全国的にも珍しい仕組みが奏功しているという。

 高齢者接種は全国一律で4月12日にスタート。岡山県では、まず施設入所者らに限定して接種を進めたため、5月16日時点の接種率は1・38%と、同時期の全国平均(3・66%)の半分程度で、佐賀県(6・38%)や鳥取県(7・68%)より大幅に低かった。しかし5月17日から一般の高齢者への接種が始まると、同月19日には全国平均を超え、今月15日時点では全国2位だ。

 急伸を支えるのが、県内であれば居住地にかかわらず、どの市町村でも接種が受けられる枠組み。医療機関数が異なる都市部と山間部の格差を埋める目的だったが、例えば倉敷市から岡山市に通勤している人は、地元で受けるか、勤務先近くで受けるかを選べるなど利便性も向上した。

 県はこの方式を実施するため、全27市町村に協定を締結してもらい、県内全住民の接種券番号のデータベースを構築、これを基に予約サイトを作成した。

 一般の高齢者への接種開始を5月17日としたのも「作戦」の一つ。4月当初のワクチン供給量が乏しい状況で、ある自治体の住民が別の自治体で接種を受けると、不公平感が生じる懸念があり、供給量が安定する5月まで開始を待ったという。

 JR岡山駅の近くのクリニックでは5月に行った接種のうち、約5%が岡山市外からの来院で、諸国真太郎院長(66)は「会社員ら若い世代が接種対象になれば、この方式が更に有効になるのでは」と話している。

////

高齢者ワクチン接種「7月末終了」自治体が100%に ( このニュースは、うそ(フェイクニュース) 知人の高齢者2人は、7月中旬(1回目)と8月上旬(2回目)と予約のまま)


(地方自治体の中には都合よくウソをついている???)
 


 高齢者のコロナワクチン接種について、全国のすべての自治体が7月末までに終えられる見通しだと回答したことが分かりました。

 65歳以上の高齢者向けのワクチンをめぐっては、今年4月に菅総理が7月末までに接種を終えることを目指すと表明。当初は、政府の聞き取りに7月末までの接種を完了できると答えた自治体はおよそ85%にとどまっていましたが、総務省などがスケジュールを早められないか打診していました。

 関係者によりますと、最新の調査ではすべての自治体が「7月末までに終えられる見通し」だと回答したということです。政府は近く公表する予定です。

////


ワクチン接種率「46位」から「2位」に急浮上……岡山県の3つの「いいね!」とは 予約混乱防ぐ「次の一手」も(一部の高齢者は、置き去りのままである という視点なし?? ダメな報道の極み?? とある高齢者)


( この報道は「岡山市」には、ありがたいが、岡山市に住む一部の高齢者には、不評! 「岡山市は「7月中旬 完了」と言いながら、岡山市 在住の高齢者「7月中旬接種(1回目) と8月上旬(2回目)と予約」である」という事実がある。 すでに、岡山市は「ウソ?」を公表し、事実をねじまげている?? )
岡山高齢01ワクチン0607
岡山高齢00ワクチン0607

岡山高齢07ワクチン0607


 新型コロナウイルスワクチンの高齢者の接種率で、岡山県が2位に急上昇しました。ネット予約には県内共通の独自システムを構築。ホームページ上で空き状況が一目で分かるようにし、移送センターの運営をプロに委託するなど、裏には3つの工夫がありました。

■31位「沖縄」まで…接種率2割超

6日時点の、新型コロナウイルスワクチンの都道府県別の接種率(高齢者、1回目)ランキング

新型コロナウイルスワクチンの都道府県別の接種率(高齢者、1回目)について、6日時点のランキングはどうでしょうか。4週連続の1位は35.82%の和歌山でした。2位の岡山(34.47%)、3位の佐賀(34.45%)と続き、8位の高知(30.04%)までが、高齢者の3割が1回目の接種を終えています。

緊急事態宣言が出ている地域では、15位の愛知(26.06%)、16位の京都(25.26%)、17位の東京(24.80%)と続き、20位の福岡(23.95%)は前週の26位よりランクを上げました。31位の沖縄(20.19%)までが、接種率2割を超えています。

前週に8.38%で最下位だった三重県は19.83%まで上がり、34位にランクアップしました。37位の大阪(19.17%)、40位の広島(17.83%)と続き、46位は北海道(15.24%)、47位は栃木(14.01%)です。

■独自システム構築 「空き」一覧HP
岡山高齢02ワクチン0607
岡山高齢03ワクチン0607
岡山高齢04ワクチン0607
岡山高齢05ワクチン0607
岡山高齢06ワクチン0607

岡山県が独自に行う、ワクチン接種率を上げるための工夫

有働キャスター
「毎週このランキングを見ているので分かるのですが、岡山の伸びがすごいですね」

小野高弘・日本テレビ解説委員
「5月16日時点では46位、5月23日では16位、5月31日では5位、今回は2位です。岡山の何がこれほどすごいのか―。思わず『いいね!』したくなるようなアイデアが、3つあります」

「1つ目は、『県内どこでも接種』。自分が住んでいる市町村だけではなくて、県内どこに行っても接種できます。そのため県内共通のネット予約システムを独自に編み出しました。2回分の予約を1度にできます」

有働
「『これが一番ほしい』というものを独自で作り出したんですか」

小野委員
「2つ目は、『空き状況が見える』。岡山市のホームページを見てみると、予約枠で空きのある医療機関の住所と予約方法、電話番号が一覧になっていて、いつだったらそこでワクチンを打てるか、という空き状況を一目で分かるようにしています」

「岡山市は個別接種に力を入れています。集団接種だと人手がかかりますので。だからこそ、協力している病院や診療所などが接種をスピードアップできるようにと、このシステムを考えたのだそうです」

■配送のプロに委託 次の「一手」も

岡山県では今後、接種の予約電話が殺到することを避けるため、予約開始日を年代ごとにずらしていくアイデアも考えているという

「3つ目は『スムーズ配送』です。個別接種に力を入れる以上、各診療所などにはワクチンを確実に届けたいので、ワクチンの配送を一元管理する移送センターを設け、運用を佐川急便に委託しました」

有働
「確かに、配送のプロですから効率も良いですよね」

小野
「安心感もありますからね。岡山市では、その先のことも考えています。高齢者が完了したら、その次は基礎疾患のある方や60~64歳らに優先接種を考えています。その後一般の人への接種が始まりますが、予約の電話が殺到してしまうことが考えられます。ですので、そうならないように、予約開始日を年代ごとにずらしていくアイデアを考えています」

有働
「利用者の立場にどこまでも立っているわけですね。いろんな自治体が、お金と人が限られる中、最大限工夫してやっていらっしゃると思います。こうやって生まれてきたアイデアを、今回限りにせず、将来に向けて共有していってほしいと思います」


/////

【感染状況】感染者数1ケタは64日ぶり 岡山県で8人感染 高齢者接種率1回目36.93%【岡山】

6月8日の新型コロナウイルスの感染状況です。

岡山市と倉敷市で合わせて8人の感染が分かりました。

新規感染者数が1ケタになるのは4月5日以来64日ぶりです。

また、倉敷市では医療機関でクラスターが発生しました。

高齢者のワクチン接種率は1回目が36.93%、2回目が1.88%となっています。



/////


/////
高齢者接種7月完了はできる?-s


///// 


岡山県のワクチン大規模接種会場 14日以降に順次運用開始 (岡山市の高齢者A,B  7月中旬(1回目)  と8月上旬(2回目) 岡山市の「7月中旬 完了」は、不可能か??)
高齢者接種7月完了はできる?-s



 ワクチン接種を加速させるため県が、岡山市内の2か所に設置を計画している大規模接種会場が、今月14日以降、順次運用が始まることになりました。

これは伊原木知事が、4日の記者会見で明らかにしました。
大規模接種会場はいずれも岡山市北区の2か所に設置され、このうち川崎医科大学総合医療センターが今月14日から、県南部健康づくりセンターが、今月17日からそれぞれ運用が始まることになりました。
当面は、医療従事者や高齢者施設の職員を対象に接種を行い、2つの施設で1日に最大で1500回接種できる見込みだということです。
一方、先月17日に始まった高齢者のワクチン接種については、多いときで1日に1万6000回と順調に接種が進んでいると強調しました。
伊原木知事は「県営の接種会場の設置で、ワクチン接種をいっそう加速させたい。県民には感染をリバウンドさせないよう、引き続き感染対策の協力を求めたい」と話しています。

/////

岡山市 64歳以下の一般接種は7月中旬から ( 市は64歳以下の一般接種を、11月末までに完了することを目標とすること )/総社市 64歳以下のワクチン接種7月1日から開始 (9月末まで) /  済生会病院 週200人から900人摂取へ (なにがあった??)
 
一般スケジュール0603

岡山市一般ワクチン 0603
高齢者ワクチン状況0502

岡山市 64歳以下の一般接種は7月中旬から 
高齢者接種7月完了はできる?-s


岡山市 64歳以下の一般接種は7月中旬から 

 岡山市は64歳以下の一般の人へのワクチン接種の方針を3日明らかにし、基礎疾患のある人や介護事業所や学校の教職員、それに保育士などから先行して予約を受け付け、来月中旬から順次接種を始めると発表しました。

3日開かれた記者会見で、岡山市の大森市長は、高齢者向けのワクチン接種は、予定通り来月中旬にはおおむね終えることができるめどがたったとして、64歳以下の一般の接種の方針を明らかにしました。
それによりますと、対象となる12歳から64歳までの市民全員に、今月下旬以降順次、接種券を発送します。
そのうえで、まず基礎疾患のある人や60歳以上の人、介護や障害者支援施設で働く人、学校の教職員、保育士や幼稚園の教諭などを対象に、先行して予約を受付け、来月中旬から接種を始めることにしています。
その後、12歳から59歳までの基礎疾患のない人の予約を受け付けます。
予約開始日は年代別に時期が異なり、50代が来月16日から、40代が21日から、30代が26日から、20代以下が30日からの予定です。
市は64歳以下の一般接種を、11月末までに完了することを目標とすることにしています。
大森市長は「『自分はいつ接種できるのか』といった声をこれまでも多く聞いてきた。接種を希望する市民に1日でも早く、円滑に接種が進められるよう準備を進めたい」と話していました。
/////
〈新型コロナ〉岡山市 12歳から64歳へのワクチン接種を7月中旬開始へ 接種券は6月下旬から発送

 岡山市が64歳以下の市民を対象にした新型コロナワクチン接種のスケジュールを発表しました。接種券は6月下旬から発送します。




岡山市が新型コロナワクチン接種のスケジュールを発表

(岡山市/大森雅夫 市長)
「全ての方の2回目の接種が11月末までに終える見込みとなっています」

 岡山市の大森雅夫市長が会見で明らかにしたものです。
 岡山市では、6月下旬から12歳から64歳の約42万7000人へ接種券を送付します。

 接種については60歳以上の人や基礎疾患がある人、障害者支援施設の従事者、市内の教職員などを優先して7月中旬から行います。

 59歳以下の優先枠でない人は7月下旬に開始する予定です。市は、2021年11月末までに接種を完了するとしています。

/////

総社市 64歳以下のワクチン接種7月1日から開始 ( 岡山市より2か月早い9月末までに、一般接種を完了 )



総社市は3日、64歳以下の市民へのワクチン接種の方針を明らかにし、基礎疾患のある人や60歳以上の人から先行して予約を受け付け、7月1日から接種を開始する見通しを示しました。

記者会見で総社市の片岡聡一市長は、今月7日に対象となる12歳から64歳までの市民全員に接種券を発送し、今月18日からは基礎疾患のある人や60歳以上の人から先行して予約を受け付け、7月1日から接種を始めると説明しました。
59歳以下の基礎疾患のない人は、今月23日から予約を受け付けるということです。
また総社市は来月15日以降、1日最大2000回分の接種を目指す大規模集団接種会場を設置するほか、小中学校での接種や、工場などでの職場接種も実施する方針で、岡山市より2か月早い9月末までに、一般接種を完了することを目標としています。
総社市の片岡市長は「市としてさまざまな方法を試しながら、ワクチン接種を最速スピードで行っていきたい」と話していました。
/////
/////
64歳以下ワクチン計画 小・中学生は学校で接種 7日接種券を発送【岡山・総社市】

総社市は、64歳以下の市民に対して6月7日にワクチンの接種券を発送し、7月1日から接種をスタートさせることを明らかにしました。

1日から接種を受けられるのは、60歳以上か基礎疾患のある人で、小・中学生は、学校で接種を行うほか、現在2カ所で行われている集団接種は、7月15日から総社市民会館に集約します。

また、企業による職場接種については、6月21日から協同組合ウイングバレイと天満屋ハピータウンリブ総社店で接種を始めたい考えです。
/////

コロナワクチンは日本人にも効くのか?初の大規模調査結果 (  済生会病院 週200人から900人摂取へ)

   新型コロナウイルスのワクチンを接種すると、「男性よりも女性の方が抗体が多く作られる」。日本人およそ1800人を対象にしたワクチンの有効性についての初めての大規模調査の結果が発表されました。

 この調査は、千葉大学病院がファイザー社製の新型コロナワクチンを2回接種した職員1774人の血液を調べたものです。調査では、ほぼ全員の1773人で十分な量の抗体が確認されました。その上で、できた抗体の量を調べると、男性よりも女性の方が比較的多くの抗体ができていました。年齢でみた場合、抗体の量は若い人ほど多く作られる傾向があったということです。

 また、1回目と2回目の接種間隔が、適切とされる3週間よりも「短い」「3週間ちょうど」「長い」で比べると、「長い」人の抗体の量が最も多かったということです。

 「みなさん21日後(3週間後)に接種予約が入らなかったりすると非常に不安に思う方もいるかと思うが、ちょっと後ろにずらすくらいだったら全然問題ないですよと」(千葉大学病院コロナワクチンセンター 中島裕史副センター長)

 千葉大学病院は「性別や年齢などで抗体量に少し差が出たものの、ほぼ全員で十分な抗体が確認されたので、きちんとワクチンを接種してほしい」としています。

/////

岡山 ワクチン接種加速 国の求めで県内医療機関対応に追われる ( ワクチン接種 ワープスピード作戦!) かかりつけ医院はどうなったか??


 新型コロナウイルスのワクチン接種を加速させるよう国が求めていることを受けて、岡山県内の医療機関でも接種日を増やすなど、対応に追われています。

国は来月末までに高齢者へのワクチン接種を完了させるため、まとまった規模の接種を行う医療機関に対し、新たに財政支援を行う方針を決めるなど接種の加速を求めています。
これを受けて岡山市北区の岡山済生会総合病院では、これまで平日の3日間だったワクチン接種を、今月から土曜日を新たに追加し、週4日間とすることに決めました。
これによって1週間に接種を受けられる高齢者は、当初より700人あまり増えて900人になり、来月中には対象の高齢者に2回の接種を終えられる見通しで、病院の職員が予約済みの高齢者ひとりひとりに電話して、前倒しして接種を受けるようすすめていました。
岡山済生会総合病院総務課の仲田泰人課長補佐は「職員の勤務を組み替えるなど大変な面はあるが、病院としても接種の加速化に協力したい」と話しています。

/////
動画
/////
なぜ増えた!? 高齢者ワクチン接種「7月末終了」自治体が約99%に
高齢者接種7月完了はできる?-s
 
都道府県 ワクチン0602


 総務省は、高齢者のコロナワクチン接種について、7月末までに終えられると答えた自治体が全体の98.7%に増えたと明らかにしました。

 総務省によりますと、6月1日時点の調査では、1741の自治体のうち98.7%にあたる1718の自治体が7月末までに高齢者向けのワクチン接種を終了できるとの見込みを示したということです。

 菅総理は、高齢者向けの接種を7月末までに終えることを目指すと表明しましたが、5月12日の時点の調査では85%あまりにとどまっていたこともあり、総務省幹部らが各自治体に終了時期が早められないか打診するなどしていました。

 総務省の関係者は、ワクチン供給スケジュールを明確にしたことや、休日や夜間の医師の補助を積み増したことが功を奏したのではとしています。

 今回の調査では、終了が8月になるとした自治体は21になり、9月以降になると答えた自治体は2つに減ったということです。ただ、調査には、医療従事者の確保できることを前提にした回答も含まれているということです。


/////

高齢者 ワクチン 接種 本当に「7月に完了」するの?( 未だに、8月下旬(1回目)や9月(2回目) と予約(「かかりつけ医院」も)、サポートなしが原因か?(イギリス・インド株の変異ウイルスがあるのに、これでいいのか??
0509



岡山市 ワクチン5会場-s



岡山市 在住 高齢者Aさんと高齢者Bさん

高齢者 接種-sss

///

以前のニュース
〈新型コロナ〉岡山市ワクチン集団接種会場にイオンモール岡山など5会場 (大森雅夫市長)「(一般高齢者のワクチン)接種完了の目標は7月の中旬。」
岡山 集団接種00

岡山 集団接種01

岡山 集団接種02


動画

岡山市は一般の高齢者への新型コロナウイルスワクチンの接種について、集団接種会場などを発表しました。

 岡山県では一般の高齢者への新型コロナワクチンの接種が5月17日に始まります。

 そのうち岡山市では約300カ所のかかりつけ病院、診療所でワクチン接種を受けられ、週に3万6000件の接種を見込んでいます。


 集団接種はイオンモール岡山、岡山高島屋、岡山シティミュージアム、クレド岡山、イコットニコットの5会場のうちいずれか1カ所で開設し、週に2000件の接種体制を予定しています。
 岡山市では病院、診療所、集団会場のいずれも岡山県内に住んでいれば、接種を受けられます。

 予約は、5月10日からで、医療機関やオンラインなどでの受け付けを予定しています。


(岡山市/大森雅夫 市長)
「(一般高齢者のワクチン)接種完了の目標は7月の中旬。市民の皆さまが早期に接種できるよう引き続き、週当たりの接種可能件数の増加に努めたい」

//////
しかし、現実は、、、
高齢者 接種-s

である。 かかりつけ医院のサポートがいる!!!

高齢者 接種-sss



//////

一方、ワクチンの接種は? ある高齢者「7月 完了」は、予約状況からムリ?? なの??

高齢者 接種-sss


〈新型コロナ〉ワクチン接種会場は街なかの百貨店 岡山県の市町村で一般高齢者向けの集団接種始まる「岡山市の一般高齢者ワクチン接種は、7月中旬までに終わる予定です」(岡山市 かかりつけで受診後期高齢者でも9月?の例)

http://okayama00glocal.blog.jp/archives/84714115.html
岡山市 ワクチン終了 7月中旬
岡山 7月完了 目指す-s

2021年05月12日 ( 岡山市 は 高齢者 7月中旬 に完了!! と動画で担当者、、)
〈新型コロナ〉高齢者のワクチン接種へ 岡山市が103の医療機関に1万2700回分を配送開始
https://www.youtube.com/watch?v=C-aaZdRjX3Q

0509

/////
研修医
研修医00
研修医01


/////
  
  〈新型コロナ〉岡山県の各自治体 64歳以下のワクチン接種スケジュール /  あるテレビ局の報道は、「机上の空論」の取材????
64歳以下00ワクチン0607

〈新型コロナ〉岡山県の各自治体 64歳以下のワクチン接種スケジュール
64歳以下01ワクチン0607
64歳以下aaワクチン0607



 64歳以下への新型コロナワクチンの接種について、岡山県では4日に矢掛町、7日に総社市と玉野市で接種券の送付が始まりました。


岡山県の自治体は高齢者への接種を横並びでスタートしましたが、人数の多い一般接種は混雑を避けるため、自治体ごとにスケジュールが異なります。

 矢掛町は高齢者への接種完了が見えたことから64歳以下の接種券を送付しました。60代の人と基礎疾患があると申告した人が優先で、59歳以下の人は6月中旬に送付する予定です。
64歳以下01ワクチン0607

 一方、対象人数が42万人以上の岡山市は、6月下旬から優先順位を設けず接種券を発送します。その後、先行予約期間を設け基礎疾患がある人や介護従事者などに先に接種を受けてもらう予定です。
64歳以下02ワクチン0607

 倉敷市では接種券を6月下旬から2、3週間かけて送付します。優先順位は基礎疾患がある人や介護従事者などで、その後は年齢層をいくつかに分けて予約と接種を順次行う予定です。
64歳以下05ワクチン0607


//////
あるテレビ局の報道は、「机上の空論」の取材????



TV で「岡山市」がいいね ってやてたけど、現場を知らない取材だね!  (  現実に、高齢者は困ってるわけ、一部の高齢者「 岡山市は、高齢者は「7月中旬に完了」といってるが、「8月の上旬までかかる」といういい加減な判断をしている。

そももそ、高齢者全員がネット使えるわけないしね!!
「机上の空論」の取材だね!
/////

【ワクチン配送は「民間」に…接種率ランキング3週連続「上昇県」】 都道府県別のワクチン接種率ランキング。高齢者の1回目接種は全国で2割超。3週連続で順位をあげているのが2位の岡山県。その背景には独自の「3つのいいね」

岡山高齢00ワクチン0607
岡山高齢01ワクチン0607
岡山高齢02ワクチン0607
岡山高齢03ワクチン0607
岡山高齢04ワクチン0607
岡山高齢05ワクチン0607
岡山高齢06ワクチン0607
岡山高齢07ワクチン0607

/////
高齢者接種7月完了はできる?-s


///// 
若者のワクチン接種はいつ???

01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
 
  

/////