インド型変異ウイルス(デルタ)の感染力!!  東京の中学でインド型クラスター 見えた強い感染力



 緊急事態宣言が解除されても、次に、また、感染拡大を引き起こすのではと危機感が高まっているのが、インド型の変異ウイルスです。東京の中学校で発生した“インド型クラスター”の現場からは、その感染力の強さが見えてきました。

 「インド型変異ウイルスのスクリーニング検査において、新たな陽性例も報告されている。引き続きの警戒が必要」(東京都 小池百合子 知事)

 小池知事も警戒感を強める「インド型」の変異ウイルス。インドでは、医療用の酸素が足りなくなるほどの感染爆発を引き起こしました。東京でも徐々に広がりを見せているのです。

 「同じ中学校での、関係でのクラスターということです」(東京都 小池百合子 知事 今月9日)

 インド型のクラスターが発生したのは都内の中学校。少なくとも男子生徒8人とその家族6人のあわせて14人の感染が判明しています。

 「ぱぱぱっと(感染者が)増えたので、またまたまたって。個人的に(学校を)休ませようかなって考えている友達もいた」(クラスターが起きた 中学校の保護者)

 JNNの取材で、新たにインド型クラスター発生の詳しい状況が分かりました。

 「こちらの野球場がある河川敷で自主練習をしていた男子生徒と保護者の間でクラスターが起きたということです」(記者)

 関係者によりますと、感染が判明した男子生徒のうち、7人は野球部に所属。新型コロナの影響で土日の学校での部活動が休止されていたため、先月下旬、7人だけで河川敷で自主練習を行っていました。

 保護者が運転する2台の車で河川敷に向かった7人。車内ではマスクを着用し、移動時間は長くても数十分とみられますが、その車内か、屋外での練習中に感染が広がった可能性が高いのです。数日後に7人のうち1人が発熱し、新型コロナへの感染が判明。さらに、変異ウイルスを調べる検査でインド型であることが分かりました。そして、他の6人も全員の感染が判明し、家族や同級生にも広がるなか、東京都はインド型のクラスターと認定しました。

 「学校としては最大限の感染対策をしていた。濃厚接触者の中の陽性率が極めて高かったので、インド型の感染力の強さを感じる」(学校関係者)

 インド型クラスターの発生を受け、学校は3日間休校にして消毒を実施。野球部員や同級生、教員らおよそ120人に対象を広げて追加のPCR検査をしました。

 専門家は・・・
 「インド株の方が1000倍、あるいは1万倍、ウイルス量が多い場合がある。同じ部屋にいる人たちをドッと感染させてしまうぐらいの力。今までなら大丈夫だと思ってた条件でも、インド株のような感染力の強さでは感染が成立してしまう」(国際医療福祉大学 松本哲哉 教授)

 専門家は、来月中旬には新規感染者の半数がインド型の変異ウイルスに置き換わると分析。インド型への対応が今後の感染対策のカギとなります。


/////

英「インド型(デルタ)」の症状、頭痛・鼻水など風邪に類似 英研究(患者が、「頭痛」「鼻水」「喉の痛み」など従来のコロナより一般の風邪 )「長く続くせき」「嗅覚や味覚の異常」など

“インド型“頭痛や鼻水が特徴か

「インド型」の症状、頭痛・鼻水など風邪に類似 英研究


【ニューヨーク】英国の研究で、同国で感染者が増加している新型コロナウイルスのインド型(デルタ株)の患者が、「頭痛」「鼻水」「喉の痛み」など従来のコロナより一般の風邪に似た症状を多く経験していることが分かった。「長く続くせき」「嗅覚や味覚の異常」など、従来コロナに特徴的だった症状は報告が減っているという。

コロナ感染者の症状のデータを集めるこの研究は、英ロンドン大学の遺伝疫学者ティム・スペクター教授が2020年3月に立ち上げた。専用アプリ「ゾエCOVIDシンプトム・スタディー」にコロナ感染者が自分が経験した症状を入力することで、流行中のウイルス株に特徴的な症状を把握するしくみとなっている。

スペクター教授は英BBCのインタビューに対し、インド型の変異株が広がり始めた5月初め以降「嗅覚や味覚の異常」の症状の報告が減るなど、「アプリのユーザーが最も多く訴える症状に変化があった」と説明した。

英国では直近で、インド型がコロナ感染者の9割を占めているという。英政府は14日、感染の再拡大を理由に、21日に予定されていたイングランド地方のロックダウン(都市封鎖)解除を1カ月遅らせると発表した。

/////

英研究 “インド型”「風邪のような症状がメイン」


新型コロナのいわゆる「インド型」の変異ウイルスについて、主な症状が頭痛や鼻水など風邪と似たものになっていると、イギリスの研究者が明らかにしました。

 これは、新型コロナの感染者らがスマホのアプリで報告してきた症状のデータを基にした研究で、キングズ・カレッジのティム・スペクター教授が主導しています。

 B1.617.2とよばれるいわゆる「インド型」の変異ウイルスがイギリスで支配的となった先月初旬以降、患者の主な症状は頭痛、のどの痛み、鼻水、発熱、咳だということです。

 研究では、感染拡大の中心である20代・30代の若者が症状を風邪と思い込み出かけてしまうことが問題だ、と指摘しています。

/////

インド型変異株(デルタ株)は従来株と症状が違うので要注意


<イギリスの全面制限解除が1カ月延期される原因となったデルタ株は、感染力が従来の2倍であるうえ、いちばん多い症状が頭痛らしい>

インドで最初に確認された新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」が引き起こすおもな症状が、従来の系統のウイルスに感染した人とは異なる可能性があることが、研究により示唆された。

「B.1.617.2」とも呼ばれるデルタ株とそのサブ系統は、これまでに70か国以上で見つかっており、一部の地域では急速に広がっている。たとえば英国では、いまや新規感染例の90%以上を占めるようになっている。

症状に関する知見は、アプリを用いて新型コロナウイルス感染症の症状を調査し、感染の広がりを追跡している「ZOE COVID症状調査」で得られたものだ。このプロジェクトは、マサチューセッツ総合病院、ハーバード大学T・H・チャン公衆衛生大学院、キングズ・カレッジ・ロンドン、スタンフォード大学医学部の研究者らが、ヘルスサイエンス企業ZOEと共同で立ち上げた。

ZOE調査に携わっているキングズ・カレッジ・ロンドンのティム・スペクター教授によれば、このアプリによって英国で収集されたデータは、デルタ株のおもな症状が、従来の症状とは若干異なる可能性を示唆しているという。

最も多い症状は「頭痛」?
米疾病予防管理センター(CDC)によれば、新型コロナウイルス感染症でもっともよく見られる症状は、発熱、乾いたせき、疲労感とされている。

だが、スペクターによれば、デルタ株が主流になっている英国では、頭痛、のどの痛み、鼻水がもっとも多くなっているようだという。

「すべてのアプリユーザーのおもな症状を調べてきたが、認識すべききわめて重要な点は、5月はじめ以降の症状が以前と同じではなくなっていることだ。もっとも多い症状は頭痛で、のどの痛み、鼻水、発熱がそれに続いている」と、スペクターはZOEのビデオアップデートのなかで述べている。

「咳は5番目で、比較的少ない。嗅覚の喪失はもはやトップ10にも入っていない。この変異株は、以前とは若干異なる挙動をするようだ」

また若い人では、デルタ株の症状は「ひどい風邪」によく似ているという。

「(そうした症状の変化は)世間では認識されていないし、政府の情報のなかでも伝えられていない。そのため、自分はなんらかの季節性の風邪をひいただけだと考えて、そのままパーティへ出かけ、感染を広めてしまうおそれがある」とスペクターはビデオのなかで述べている。

デルタ株の感染力は従来株の2倍。「きわめて感染しやすい」とスペクターは言う。「とてもくっつきやすいウイルスだ。(ワクチン接種が進んでいることにより)実際に攻撃できる人が少なくなっているのに、短期間でこれほどの感染者が出ているのはそのためだ」


報道によれば、ワクチンも1回だけの接種ではデルタ株に対しては効き目が落ちるという。しかし二度接種をした場合は、効き目はわずかに低下する程度だとスペンサーは言う。

「(デルタ株でも)二度の接種をしていれば、リスクは少なくとも5分の1から10分の1になる。ZOEアプリのデータからわかっているかぎりでは、感染しても、(接種していない場合と比べて)はるかに軽く、短期間で治るため、入院する可能性は大幅に低くなる。これは、二度の接種を受ける十分な理由になる」

/////

若い世代は「ひどい風邪のように感じるかもしれない」インド型の変異ウイルスについて英研究チーム

日本でも感染が広がるインド型の変異ウイルスについて、頭痛や鼻水などが典型的な症状である可能性が高いことがイギリスの研究チームの調査でわかった。

“インド型“頭痛や鼻水が特徴か

 イギリスの団体「ZOE」が数千人のデータをもとに分析したところ、イギリスで5月初めから新型コロナの典型的な症状である咳や発熱、嗅覚や味覚の異常などを訴える人が減っていたことがわかった。

 代わりに頭痛やのどの痛み、鼻水などが上位を占め、イギリスで現在新型コロナ感染者の9割に上るとされるインド型のまん延と関連があるようだと分析している。

 この団体は若い世代では「ひどい風邪のように感じるかもしれない」と指摘し、「風邪をひいたと思ってパーティーに行くと拡散してしまうかもしれない」と、警戒を呼び掛けている。

///// 

重要 インド変異株(デルタ)、拡大ペース加速 各地で感染、クラスターも―7月中旬に主流化か
インド変異株(デルタ)_p
イギリス型とインド型

感染者数とワクチン接種予想0610
インド株 感染力aa
インド株 感染者力00
東京感染者推移0616
今後の東京0616 01
I今後の東京0616 aa
東京累積感染者0617
東京人流0612



  新型コロナウイルスのインド型変異株が拡大している。厚生労働省によると、7日時点で確認された感染者は12都府県の87人。同日までの1週間の新規感染者は34人で、前々週21人、前週24人と増加ペースが加速している。7月中旬には新規感染者の過半数を占めるとの試算もあり、専門家は拡大防止に向け監視体制の強化を訴える。



 インド型の特徴は「L452R」と呼ばれる遺伝子変異だ。ウイルスが細胞に侵入する際に使うスパイクタンパクの452番目のアミノ酸が、L(ロイシン)からR(アルギニン)に変異したことを示す。東京都や神奈川県ではクラスター(感染者集団)も発生した。感染力の強さは英国型の1.5倍、従来株の2倍とされるが、それらより低い可能性を指摘する専門家もいる。
 ワクチンの効果を弱めるとされるが、不明な部分が多く、重症化リスクが高い証拠も現段階では示されていない。L452R変異は、日本人の6割が持つ白血球の型「HLA(ヒト白血球抗原)―A24」がつくる免疫細胞から逃れるとの報告もある。日本人の6割で免疫機能が働きにくくなる恐れがあるという意味だが、否定的な見解もある。
 インド型について、京都大の西浦博教授(理論疫学)は、感染力が従来株の約1.8倍で、7月中旬に半数を超え、同月末には8割に達するとの試算を公表。国立感染症研究所の脇田隆字所長は予測の難しさを挙げた上で、「今はなるべく早く見つけ、クラスター対策や(濃厚接触者らを追跡する)積極的疫学調査によって置き換わりを抑える時期だ」として、監視体制の強化を呼び掛ける。
 インド型をめぐっては、慶応大の小崎健次郎教授(臨床遺伝学)らのチームが、インドから直接流入しただけでなく、英国や米国を経由したケースもあるとの解析をまとめた。国際的なデータベースの公開情報などを基にしたもので、小崎教授は「変異株は最初の流行地域から直接流入するだけとは限らない。水際対策を強化すべきだ」と指摘している。 

////