「富岳」 富士通 等  西村大臣「会話の際はこれまで以上に距離を」 変異ウイルスの感染リスク発表 ( スーパーコンピューター「富岳」 富士通 )距離を2メートル近く
インド型変異 富嶽
オリンピックの頃0620
東京感染推移予想0624ss
 東京感染予想0624


 西村経済再生担当大臣は、変異ウイルスの感染リスクをスーパーコンピューターで計算したデータを発表し、会話するときはこれまで以上に距離をとることが大事だと呼びかけました。

 「従来株と同じリスクに抑えようと思うと、距離を2メートル近くとらなければいけません」(西村康稔経済再生相)

 西村大臣は22日の会見で、変異ウイルスの感染リスクをスーパーコンピューター「富岳」を使用して計算した結果を発表しました。

 これはインド型のウイルスの感染力を従来型の2.25倍と想定したもので、大声で会話した場合のリスクを計算しています。会話の際に接近せず、距離を1メートルあけた場合では、▽従来型のウイルスは感染リスクが5分の1程度に下がるとしました。その一方で、▽インド型のウイルスの場合、リスクを5分の1程度まで下げるには、およそ2メートルの距離が必要だということです。

 西村大臣は、「会話する際はこれまで以上に距離をとり、短い時間で話すことが大事だ」と呼びかけました。
/////
インド型変異 富嶽aa
インド型変異 富嶽01
インド型変異 富嶽02
インド型変異 富嶽03
インド型変異 富嶽05
インド型変異 富嶽asa01
インド型変異 富嶽sas03

変異ウイルス 感染リスク結果公表 会話はこれまで以上に距離を



 新型コロナウイルス対策をめぐり、西村経済再生担当大臣は、変異ウイルスの感染リスクをスーパーコンピューターを使って計算した結果を公表し、会話する際は、これまで以上に距離を取り、短時間で済ますことが必要だと呼びかけました。

西村経済再生担当大臣は、閣議のあとの記者会見で変異ウイルスの感染リスクをスーパーコンピューター「富岳」を使って計算した結果を公表しました。

計算では、より感染力が強いとされるインドで確認された変異ウイルスの感染力を従来のウイルスの2.25倍と想定し、感染者と大声で会話した場合のリスクを計算しています。

その結果、距離を1メートルあけた場合、
▽従来のウイルスでは、接近しての会話に比べてリスクが5分の1程度に下がる一方、
▽変異ウイルスでは、半分程度までしか低減せず、5分の1程度まで下げるには、2メートル近い距離が必要だとしています。

また、通常の会話をする時間と感染リスクとの関係を計算したところ、
▽従来のウイルスの感染者と1時間会話するリスクと、
▽変異ウイルスの感染者と27分間会話するリスクが同じ水準となるとしています。

西村大臣は「1時間の会議を30分以内にすることで、同等のリスクに下げることができる。会議や友達どうしでの話も、これまで以上に距離を置いて短時間にすることが大事だ」と呼びかけました。


インド株 対策安全?
5メートル離れても感染 エアロゾル
5メートル離れても感染 エアロゾル02

5メートル離れても感染 エアロゾル 00
5メートル離れても感染 エアロゾル03

/////

富士通-3日ぶり大幅反発 コロナ薬候補物質を探索 東大と「富岳」活用=日経

富士通<6702>が3日ぶり大幅反発。22日付の日本経済新聞朝刊は、同社子会社の富士通Japanが東京大学と共同で、新型コロナウイルスの治療に特化した特効薬の候補となる物質の探索を始めると報じた。記事によれば、計算速度世界一を誇るスーパーコンピューター「富岳(ふがく)」を活用し、シミュレーションで候補を探すという。2021年度中に特効薬の候補化合物を特定することを目指すとしている。


/////
インド型変異 富嶽 富士通



/////