岡山市周辺の年末年始イベント や 温泉・店 イオンモール岡山など

今年も残り1週間を切った。年末年始、岡山市や周辺エリアでさまざまなイベントが企画されている。ライトアップ、正月遊び、邦楽演奏…。家族で、カップルで出掛けてみませんか。

イオンモール岡山 最大10万円分が当たります!2015年12月26日(土)~2016年1月4日(月)の10日間
初売り 9時


京橋朝市
 〆(とめ)市が29日午前6時-10時、岡山市北区京橋町の京橋西詰めの旭川河川敷広場一帯。正月飾り、野菜、果物、花、うどん、ラーメンなど約90店が並ぶ。買い物した人を対象に日用品などが当たる抽選会もある。初市は1月10日午前6時-9時半に同所で開催。約80店が出店するほか、来場者に無料で甘酒を配る。いずれも雨天決行。



上寺山迎春ライトアップ
 31日午後6時-1月1日午前1時半、瀬戸内市邑久町北島の餘慶寺と豊原北島神社。餘慶寺の三重塔(県重要文化財)や隣接する豊原北島神社の社殿などを幻想的に照らし出す。除夜の鐘つきや年明けを祝う風船飛ばしがある。炊いた大根や甘酒を無料で振る舞うほか、スタンプラリーも行われる。31日午後8時以降、境内は車両通行止め。ライトアップは30日午後6時-9時も実施。問い合わせは餘慶寺(086 942 0186)。



吉備津彦神社大灯籠マッピング
 31日午後11時-翌午前1時、1月1、2日の午後7時-8時半、岡山市北区一宮の吉備津彦神社(086 284 0031)。高さ11・5メートルを誇り日本一大きいといわれる二つの灯籠に、県内外の3人の映像作家が今回のために手掛けた映像を映し出す。31日は新年までのカウントダウン映像も投影される。雨天の場合は中止。



後楽園初春祭
1月1-3日、岡山市北区の後楽園(086  272  1148)。タンチョウの園内散策(1、3日の午前11時-午後2時)、箏曲演奏(1日午前10時-午後2時)、はやし演奏(3日正午-午後2時)などを繰り広げる。2日の祝賀狂言「福の神」(午前11時半と午後0時半、鑑賞料500円)は各回先着100人に餅を振る舞う。1日は隣接する県立博物館とともに無料で入園・入館できる。

池田動物園年始イベント
 1月1-3日、岡山市北区京山の池田動物園(086 252 2131)。各日先着500人に、黄身が二つあるゆで卵をプレゼントする。2日午後1時からは動物をテーマにした「アニマルカルタ大会」(参加者は先着16人程度)を企画。3日午後3時からは抽選会「アニマルナンバーZOO」を行い、ゾウが食べたリンゴに刻まれた数字と、当日の入園レシートの下2桁または1桁の番号が一致すると景品が当たる。開園時間は1日が午前10時-午後4時(入園は同3時まで)、2日以降は午前9時半-午後4時半(同3時半まで)。



2016新春イベント&日本の伝統
 初あそび
 1月1-4日、玉野市滝のおもちゃ王国(0863  71 4488)。2016個の風船を空に飛ばす催し(1日午後1時)、もちつき体験会(1日午後2時と2、3日の同0時半)、たこあげ(2、3日午後4時)、ジャンボ福笑い(4日午後3時)、ヨーヨーパフォーマーによるヨーヨー教室とステージ(4日午前11時半と午後1時)などが楽しめる。元日は、甘酒と温かい乳酸飲料(先着各100杯)が無料で振る舞われる。催しによっては雨天中止。開園時間は午前10時-午後5時(入園は同4時45分まで)。



「第100回院展」岡山会場
 1月2-17日、岡山市北区表町の天満屋岡山店6階葦川会館。巨匠から若手までの多彩な秀作が並ぶ、新春恒例の日本画の祭典。地元各流派の協力による茶席が毎日開かれる。1日まで販売する前売り券は700円(一般のみ)、茶券付き1000円。当日券は一般900円、高校生500円、小・中学生300円。2日は和装での来場者は入場無料。問い合わせは山陽新聞社事業本部(086  803 8015)。


/////

岡山 海を望める、絶景日帰り温泉4選


温泉は年中行きたい魅力的なおでかけスポットだけど、ひときわ寒くなってきたこの時期の温泉は格別! それも、美しい眺めを愛でながらの入浴は、えもいわれぬ気持ちよさ。ここでは、県内と近県から選りすぐった、海の見える温泉をご紹介。青く澄んだ空と海に包まれて、体の中から洗われるような癒やしの冬の休日を過ごしてみては?

■まるで海と空に包まれているような、極上の居心地。

【ホテル-風亭】
 古きよき時代の小さな港町の原風景が今なお残る町・鞆の浦。その静かな海岸の目の前に建つ『ホテル?風亭』では、ホテル内のどこからでも美しい眺めを楽しむことができる。3階にある露天風呂や室内の大浴場からの景色も圧巻。まるで鞆の浦の穏やかな空と海に包まれているような極上の居心地を堪能できる。また、海上15mには展望露天風呂(12月-2月は休業)も。朝日にキラキラと輝く波模様、夕日に染まる金色の水面…どちらの表情も甲乙つけがたい美しさだ。

画像




■波の音を聞きながら瀬戸内海を一望できる、赤穂の絶景温泉。

【絶景露天風呂の宿銀波荘】
 岡山からクルマで1時間で行ける兵庫県赤穂市。訪れたなら必ず立ち寄りたいのが、こちらの絶景温泉『銀波荘』だ。中でも『天海の湯』は、雄大な瀬戸内海が目の前に広がり、まるで海で浸かっているかのような感覚に。潮風に吹かれ、波の音に耳を傾けながら楽しむ温泉は、この上ない気持ちよさ。また赤穂温泉は塩化物強塩低温泉で、神経痛やリウマチ、慢性消化器病、冷え性などに効能が期待できるんだとか。

画像




■海抜110mの屋上にある露天風呂から、感動的な風景を望む。

【鷲羽山吹上温泉鷲羽ハイランドホテル】
 鷲羽山周辺で唯一の天然温泉があるこちらのホテル。自慢の『空中露天風呂 天女』があるのは、なんと海抜110mの屋上。ここからは、陽光が降り注ぐ中、キラキラと輝く穏やかな瀬戸内海やダイナミックな瀬戸大橋、下津井の町並みが見渡せる。思わず感動してしまうほどの眺めに心地よい潮風がプラスされ、まるで日頃の疲れもすっかり吹き飛んでいくよう。また、屋内の大浴場やサウナもあり。

画像



■瀬戸内海の懐に包まれた、穏やかなときを過ごせる露天風呂。

【鷲羽グランドホテル備前屋甲子】
 小高い山を下ると現れる、海岸沿いにひっそりと佇むホテル。ここには、静かで穏やかな時間が流れている。こちらの露天風呂から見えるのは、どこまでも広がる海と空、瀬戸内海の島々の大パノラマ。そして、BGMには間近に感じられる波の音…。刻一刻と表情を変えていく景色や行き交う船を眺めていると、ついつい時間がたつのを忘れてしまいそうになる。すべてが赤く染まる夕刻の景色も格別だ。

画像





/////