京都・貴船神社、雪夜の神秘 今冬初の限定ライトアップ

貴船神社(京都市左京区)は20日、雪の日限定のライトアップをこの冬初めて行った。山奥の静寂な夜の闇に、本宮がぼんやりと浮かぶ幻想的な銀世界が広がった。

 貴船神社では川床の季節の夏と、紅葉が美しい秋に境内をライトアップする催しを毎年行う。照明器具を常設したため、雪の美しい風景も照らすことにしたという。神社のホームページ(HP)などで告知を始めた昨冬は計4日間点灯した。

 暖冬の影響で、この冬は市内でも初雪の観測が平年より大幅に遅れた。この日、境内は白銀の雪に包まれ、待望のライトアップが実現した。

 当日の午後3時までに10-15センチの積雪が確認された場合、神社がHPや短文投稿サイト「ツイッター」、交流サイト「フェイスブック」で点灯を予告する。照らすのは夕暮れから午後8時まで。開催日には叡山電鉄の貴船口駅から神社の手前まで京都バスの特別便が運行される。2月29日まで。