岡山  「晴れらんまん」300事業 ライトアップや特産PR 

 県やJR西日本岡山支社などは22日、4-6月に県内を舞台に展開される大型観光イベント「晴れの国おかやまデスティネーションキャンペーン(DC)」の概要を発表した。「晴れらんまん おかやまの旅」をキャッチフレーズに会期中、約300の多彩な事業を予定している。

 4月2日にJR岡山駅東口でオープニングイベントを開催。岡山市では、岡山後楽園と岡山城の夜間ライトアップなどが実施される。倉敷市では、女性に人気のマスキングテープで大原美術館の外装や美観地区を走る人力車などを装飾。観光地だけでなく、県のグルメや特産品などもアピールする。

 開幕に向け、岡山後楽園や鶴山公園(津山市)などを紹介するPRポスターを全国のJR主要駅などに掲示し、ガイドブック約80万部も配布する。

 この日は、伊原木隆太知事や岡山支社の平島道孝副支社長らが県庁で会見。伊原木知事は「岡山の魅力を全国に発信する絶好の機会。一過性のものとならないようにしたい」と語った。

 DCはJRグループ6社が全国各地の自治体などとタイアップして開いており、県内が舞台になるのは2007年以来、5回目。

………………………………………………………………………………………………………

 ◆DC期間中の主なイベントなど

・JR岡山駅東口広場で特産品販売などの「晴れの国マルシェ」(4月2 日)

・岡山後楽園と岡山城の夜間ライトアップを春に初開催(4月29日?5月 31日)

・倉敷・美観地区で大原美術館などをマスキングテープのデザインで装飾

・「瀬戸内国際芸術祭」の会場となる瀬戸内の島々への周遊船運航

・湯郷、湯原、奥津の「美作三湯」を舞台にしたアート展

・旧閑谷学校(備前市)の講堂(国宝)で論語の朗読体験

・JR笠岡駅(笠岡市)でフラワーアート

・JR宇野駅や八浜駅(いずれも玉野市)を現代アートの作家が装飾

・JR津山線や宇野線での観光列車運転


///////
参考

イオンモール岡山 周辺 おかやまDC 「晴れらんまん」300事業 ライトアップや特産PR
///////