岡山  「関西で食べる岡山めし」PR

岡山県大阪事務所は、岡山の食材を使う大阪近辺の飲食店を取り上げた情報誌風パンフレット「関西で食べる岡山めし。」を3万部作製。観光イベントなどで配っている。
 関西の人に“おいしい岡山”をPRしようと企画。グルメ情報に詳しい出版社と協力し、大阪、兵庫、京都の和、洋、中華、焼き肉、居酒屋など29店をピックアップした。
 各店の料理の写真に「日生カキ」「千屋牛」「ヒノヒカリ」といった使用食材を明記。味の特長や、店長のコメントなどを添えている。
 後半では後楽園など県内の観光スポットを紹介。同事務所は「まず食で岡山に興味を持ってもらい、来県者の増加につなげたい」と話している。A4判、14ページ。